スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Azzurri残念・・・・

いや~・・・・


朝早起きして観た甲斐のある緊迫したゲームでした。


欧州選手権『スペインvsイタリア』


残念ながら私の予想はハズレてしまいましたが。。。。


デ・ロッシはチャンピオンズリーグに続き大舞台でのPK失敗という
苦いことこの上ない経験を積みました。



そして、“モモカン”で痛がってプレーを切らせたことで、
スペインサポーターからブーイングの的となったディ・ナターレ。

ドナドーニが蹴らせたのか、自分で申し出たのかはともかく、
あの状況で蹴って失敗したというのは・・・イタいです。。。



カンナバロ不在でも存在感抜群のAzzurri守備陣とは対照的に
物足りなさの残るオフェンスが残念でした。


デルピエロがペナルティエリアの中で、ボールを浮かして2人を
突破したプレーがゴールにつながれば、また一つ伝説が生まれる
ところだったのですが。。。。。。




2008年06月23日 サッカー戯れ言 トラックバック(0) コメント(2)

コメント

パパ三浦さま

メンタル面でもプレーでも、柱だったカンナバーロの欠場が決まった時点で、AZZURRIの苦戦は覚悟していましたが・・

「腐ってもAZZURRI」

"飛車角抜き"でも、伝統のカテナチオは失われていませんでした。
(まぁ、ドイツの主審でなければ、恐い&危ないシーンもいっぱいありましたが、「運も勝負の内」)

「1-0で勝つ」イタリアの美学は、三浦さまもおっしゃる通り、FW陣の不甲斐なさもあって見られず残念。
(ちょっとピッポ・インザーギが欲しくなりましたね)

こうしているうちに、RUSvsESP戦が始まってしまいました。
「楽しんで見ることが出来る」ってのは嬉しいです。

2008年06月27日 ゲリピーには辛口・カンナ様には甘口 URL 編集

ゲリピーには辛口・カンナ様には甘口様

いよいよ決勝ですね。

Azzurriが敗れた今、きっと純粋にゲームを楽しめるのではないでしょうか?(笑)

中盤の組み立てをピルロ一人に頼らざるを得なかったAzzurriとは対照的が豊富なスペインと、AzzurriのFWには期待できなかった得点力を備えるドイツ。

もちろん私はビール片手に生観戦としゃれこみます。

唯一の不安は・・・

リベルタドーレスで本当にキトが勝っちゃうの?っていうトコだけです(笑)

2008年06月29日 自称ボケンセ URL 編集

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。